API-090BLG

本日の東京もとても暑いです。そんな中見たくないとは思いますが、長袖です。API customのRIB SHIRTの進化版。今までのRIB SHIRTはオックスフォードの黒生地のみで製作していたのですが、今回は色ものの切り替えパターンで製作。7月、9月展でもRIBがついているシャツをお見せしようと思ってます。90年代に見たことがあるような雰囲気のものが最近気になっていてリサーチしているものや、作るものがそんな雰囲気なものが多い。グランジとテーマを決めて製作しているのだけど、展示会までに作るものが変わってるかもね。

director マツシマリュウタ

API-089BLG

今日は余談を書こうと思う。なんとなく気になりハンガーの歴史について調べていた。日本の歴史だと衣桁というものがある。着物を乾かしたり着物を飾るために作られたもの、今でいうハンガーです。明治以降には日本にも洋服のハンガーが伝わる、コートハンガーですね。この時代のハンガーは実用性ではないデザインのものが多かったそうです。その後、木製ハンガーなど実用的なものが作られる。ぼくは、この時代のアメリカ製のハンガーを集めていた時期がある。洋服を作り、最後にそのものを良く観せてくれるものだからハンガーって重要だな。

director マツシマリュウタ

API-088BLG

先月の生地探しの旅で見つけた、いい感じの生地で早速COLLARLESS SHIRTを製作してみました。コットン70%にナイロン30%の生地、生産地はイタリアです。ロクヨンクロスのような経年変化を楽しめる生地。ロクヨンクロス(コットン60%、ナイロン40%)より10%コットンの比率が多めになっている分、生地色の変化や起毛感を楽しめそうな生地だと思います。さらっと写真をアップしてしまったけど、これ次回新作の形のシャツです。今更ノーカラーってとこがAPI customっぽく感じてます。シルエットも微妙に変更してます。

director マツシマリュウタ

API-087BLG

岡山で生産されているパラフィン加工されたキャンバス。普段からこの生地を使用し様々なものを製作しているのだけど、やっぱりバッグに使用すると雰囲気がよい。今回は同生地をパッチワークしカバーと底部分に使用して作ってみました。これ、正式にはドラゴン防水帆布っていうのですが、トラックの荷台のシートなどにも使われるすごいやつ。コットンキャンバスにパラフィンを染み込ませ作られた通気性防水帆布ですね。ショルダーバッグは最近左肩がけで製作しているのだけど、オーダーだと右肩仕様にもできます。ぼくも右肩だし。

director マツシマリュウタ

API-086BLG

海外の生地は日本の生地より金額が高めなこともあり裁断時は結構緊張する。最近はデニムとかの生地を得意にしているから尚更使い慣れていない。レディースウェアを製作していた時期は高級素材になれていたけど、そのような生地を使用することから離れてみると不慣れになる。最近はレディースも製作しているから、各地で手に入れたこのような生地を使って製作しています。今回のレディースはカジュアルだから、慣れている生地を使用している。プリーツやギャザーなど製作の工程が増える分、レディースは製作していて楽しいな。

director マツシマリュウタ

API-085BLG

来月のお話。8月6日の日曜日に京都円山公園音楽堂でBUNGALOW 5TH ANNIVERSARY”PARK LIFE”が開催されます。お祝いに駆けつけてくれるアーティスト、出店者は豪華でぼくもいまから楽しみにしている。AB kyoto・tokyoからもいまから何かできないかと準備をしているところ。当日は炎天下が予想されているから何か対策して向かったほうが良さそうですね。美味しいクラフトビールに、京都の有名店の味や素晴らしい音楽が待ってます。当日、京都へ行けたら是非お会いしましょう。楽しみにしてます。5thおめでとうございます。

director マツシマリュウタ

Happy Fourth of July

Happy Fourth of July!!!!

API-084BLG

API customの2018年春秋はこんな感じのノリ。”grunge“がテーマで現在デザインし、ものづくりをしている。7月も生地探しの旅に出ようと思っていて、グランジを感じる生地を探しに行く予定。グランジを感じる生地ってよくわからないけど、自分の頭の中にはなんとなくだけどある。写真右のコートの生地だけど、麻生地が染められその後なんども手洗いされ、ひたすら天日干しされて出来上がった生地。時間をかけられて出来た生地ってやっぱり雰囲気が違うから僕には貴重。生地に時間かけられているから、ぼくも時間をかけて作る。

director マツシマリュウタ

API-083BLG

東京は梅雨らしい日、ジメジメしております。そんな中、ぼくは7月、9月の展示会に向け製作中。先月から生地探しの旅に出ていたのだけどその生地がこうやって形になると嬉しい。チェック生地のシャツなどの製作が落ち着き、これから無地を製作していく予定です。現在レディースばかり作っているから頭の中が女性のことばかりだけど、レディース製作が一段落したらメンズの頭に切り替えて製作に入ろうと思ってます。衣装製作にオーダーなどなど、意外とやることたくさんあるな。。。なんてことをスケジュールを見ながら思う本日でした。

director マツシマリュウタ

API-082BLG

ここ数日間は、世の中の出来事でとても落ち込むニュースがあり日記を書く気分にはなれなかった。強く生きるってことって凄く大切に感じました。

先日友人のファミリーから秋田のさくらんぼが届いた、品種は佐藤錦。とてもおいしかった。毎年送ってくれてほんとありがとう。こうやって季節ごとになにかしら送られてくることってほんと嬉しいですよね。ぼくも季節になにかしらをお送りしてみようと思う。Sファミリーほんといつもありがとうございます。美味しくいただきました。

director マツシマリュウタ